皮膚科でニキビの治療をする期間

ニキビの治療をしに皮膚科に行くのはいいが、通い続けることを考えるとどうしても行く気になれないという人も多いと思います。
ニキビは内服薬を使った治療、外用薬を使った治療を行うことにより通い続けなければならない期間が異なります。
そこで、皮膚科でニキビの治療を受ける場合、どのくらいの期間が必要なのかについてご紹介していきたいと思います。

・ニキビは早くて1週間程度で治るという人もいる!?
ニキビが出来てしまうとなんだか調子が乗らない、顔を見られるのが嫌だと思い、一刻も早く治したいと思ってしまいます。
皮膚科ではニキビに効果的な治療が受けられ、内服薬や外用薬がもらえます。
こういった薬はすぐに効果が出るという人もいれば、なかなか効果が出ないという人もいます。

すぐに効果が出る人の場合は、薬による免疫がなく効果が出やすいことで1週間程度で治る場合もあります。
なかなか効果が出ないという場合は、何回も皮膚科に通っていて薬を使い過ぎたことで、薬が効きにくくなっている場合もあります。
皮膚科でもらった内服薬や外用薬でニキビを治療をしているという場合は、ニキビが治るまでに1ヶ月〜3ヶ月程度の期間がかかる場合があります。
また、症状によっても皮膚科で治療する期間が異なるので、そちらについても見ていきましょう。

・ニキビの症状で皮膚科に通う期間が変わってくる!
ニキビの症状は初期症状であれば皮膚科に通院する期間が短くなります。
しかし、大半の人が悪化してからしか皮膚科に通い始めないため、長期の治療が必要になってしまいます。
ニキビが悪化して炎症を起こしてしまった後に皮膚科に通う場合は、炎症を抑えアクネ菌を殺菌しないといけないのでそれなりの期間が必要になります。
ニキビが出来て初期症状で皮膚科に行って治療を受ければ3日〜1週間程度の薬で治り、悪化している場合は3ヶ月経っても治りが悪いということもあります。
ニキビを早く治したいのであればニキビが出来てきた段階で皮膚科に行ってみてもらい、薬で治療していくと皮膚科に通う期間も少なくできます。

ニキビは傷口と同じで悪化してしまえば治りが遅くなり、治療を行う期間も増えます。
悪化しないようにするためには細菌によるアクネ菌を殺菌したり、炎症を抑える薬が必要となります。
皮膚科に通ってニキビの治療をする期間は効果が早い人で1週間、効果が遅い人で3ヵ月程度が目安となります。
早く治したい場合はニキビが出来て悪化する前に皮膚科で治療を受けるようにしましょう。